The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

表現に固執し過ぎておかしくなる翻訳

今回は久しぶりに翻訳のお話を書いてみたいと思います。
さて、英語が喋れない、書けない、という人の中にはかなりの頻度で”日本語の表現に固執し過ぎている”というケースが見られます。
この”表現に固執する”ということを指摘する本やネット上の記事は比較的あるのですが、それでもいまいち広まり切れていません。
私はその原因の一つとして、日本人にありがちな”生真面目さ”や”几帳面さ”があるのではないかと思っています。
こういってはなんですが、私は世界でも真面目と評判の日本人にしてはかなりざっくばらんなほうで、そんな性格でよく言語関係の仕事が務まっているとは自分でも思うのですが、とりあえず死なずに生きています。
一方で、とても真面目で几帳面な日本では優秀と評価される人が翻訳の方面に限らず、海外に行ったりした際にドロップアウトしてしまうという現象を多々見てきました。
”生真面目さ”や”几帳面さ”は必ずしも悪いわけではなく、むしろ一般的に良いものの代表格として扱われますが、それが”発揮される方向”を間違ってしまうと、むしろ適当にやっている人よりも悪い評価を受けてしまうということがあります。
そんなせっかく持った”生真面目さ”や”几帳面さ”で道を踏み外してしまう人が減るようにここに私のできるかぎりの範囲で説明していきたいと思います。

さて、具体的に”表現に固執する”というのはどういうことでしょうか?
一番わかりやすい例を出すと、”Good morning!”を「良い朝!」と訳してしまうようなものを言います。
いや、そんな人はいないだろう、”Good morning!”は「おはよう!」だよ、とほとんどの人は言うと思います。
実際、辞書にはそう書いてありますし、英語を習う一番最初ぐらいに出てくるので、こういった間違いをする人はほとんどいないと思います。
ですが、これが自分の知らない単語になった場合はどうでしょうか?Goodを「良い」、Morningを「朝」と辞書で引いて、「良い朝」と訳してしまうように、単なる並んでいる単語をそのまま置き換えるように訳していくととてもおかしな文章ができあがることが想像できるかと思います。
また、文脈によっても違います。確かに挨拶としてのGood morningは「おはよう」ですが、”It’s a good morning!”となれば「良い朝ですよ!」と訳するのは不自然ではありません。

これは文化毎に「どの単語をどの状況に使うかが異なる」ということを示しています。状況に応じて言語というのはその選択される単語や意味・表現が変化するのです。
それを踏まえず柔軟性を失った”生真面目すぎる”、”几帳面すぎる”訳は思いのほか日本にあふれています。
そして、指摘されても、なんでそんなに変化してしまうんだ、と逆切れに近い反応をしてしまう人も多くいます。
ですが、「言語とは必ずしも対照的になるものではありません」。単語を置き換えるだけの機械翻訳がおかしくなってしまうのもこのためです。
比較的言語感覚の近い近隣諸国(日本で言えば韓国)であれば、置き換えるだけの翻訳も割かしとおってしまいます。
しかし、遠く離れた土地の言語、歴史的に断絶の多かった地域の言語は独自の発展を遂げていて、対にして翻訳することが大変難しくなっているのです。

先ほどの例は英語>日本語の例でした。逆に「おはよう!」という単語を”お早う”という漢字の意味のままに”Early!”とでも訳してしまったら、あいさつとして、突然「良い朝!」と言われたぐらいの不自然さを感じることになります。
日本人は日本語の表現をそのままに外国人に伝えようとする傾向が特に強くあります。
「おはよう」程度なら習っていますからよほどのことが無い限り間違えないでしょうが、これがより違った表現、自分の知らない単語や文章であった場合はどうでしょうか?
まさに外国人に対して「良い朝!」と呼びかけるような状況が多々起きているということになります。
その結果、いまいち通じない、といった経験はもしかしたら思い出す人もいるのではないかと思います。
もちろん、英語と日本語をある程度理解している人であれば「良い朝!」とあいさつされても、なんとなく予想がついて理解してくれる場合もあるでしょうが、日本語を理解してくれる外国人はそれほど多くはありません。
やはり自分でこの問題を克服していく必要がでてきます。

では、これを避けるためにはどうしたらよいのか?といえば、やはり喋っている、書いている状況毎で覚えていくに限ります。
単語や文章を対にはできませんが、一つ一つの状況、例えばあいさつをする、食事をする、お店に行くといった状況は各国で大きく変わるわけではありませんから、そこで使われる表現というのを場面ごとに覚えていくのです。
実は私たちは(よっぽどのその道の専門家等を除けば)日本語を話す際にそれほど意味を意識して使っているわけではありません。
普段から会話したり文章を読んだりする中で、こういう場面でこういう言い方をしていたな、という記憶の積み重ねが今の話し方を作っているのです。その結果、一つ一つの単語の意味を頭で考えて発言したり書いたりするよりも素早く行うことができるのです。
英語を話したり書いたりする際に、どうにもたどたどしくなってしまうのはやはりこういった経験が少ないところに起因します。
数をこなすといってもただ単語のリストを覚えたり、文章をまる覚えするのではなく、話したり書いている状況と結びつかないといけないのです。
この意味ではイディオム的な覚え方も確かにただ単語をなぞるよりはマシですが、状況と結びついていないという意味では50歩100歩といえます。

状況と結びつける、というと難しそうですが、話した状況を覚えていればいいだけの話ですし、日本語を覚える際に子供の時やっていたことをそのままにやるだけのことです。
ただ、子供にも日本語の教育が必要なように、英語も状況だけで覚えた言語は曖昧なところがでてきますので、ある程度の教育による矯正が必要になってくることは変わりありません。実践と教育の両方が揃って初めて話したり書いたりできるということになります。
一方、子供と違って大人は教育の方から先に入り、その後に本来最初に入るはずの実践が後に来るという逆転現象が起きてしまいます。この時に大切なのはあまり教育で覚えたことを画一的に適用しようとするのではなく、実践している状況を踏まえた上で、それに教育で覚えたことを重ねていく、ということです。
もし、教育で受けた「Good morning=おはよう」を常に行ってしまうと、それとは違う状況になった時に使われている意味に対処できないばかりか、間違ったまま押し通してしまうということが起きてしまうでしょう。
また、この実践はなにも海外に必ず行って外国人のグループに入らないといけない、というわけでもなく、Youtubeのビデオなどで良く上がっている外国人の一般的な会話などを見ていくことなどでも補えると思います。映画や劇だと日本でもそうですが、あまりに出来上がりすぎている会話なので、あまり一般的な会話という面では実践的ではないかもしれません。
少なくともいえるのは、子供だから記憶力が高くて覚えられるのではなく、大人になった後、本来覚えるやり方とは違う方法に固執したまま先に進めなくなっていることが大きな原因であると考えられます。

もちろん、要領よく習ったことをそのまま生かせる人も中にはいると思います。
ですが、私も含めほとんどの人はそれほど要領が良いわけではなく、また、外国人の身振り手振り、話し方等々が気になったりして、なかなか今まで勉強してきたことと繋がりません。
それを打開するためには、何が正しく、何が間違っているのかを考えるより前に、自分の中で固執してしまっているものに気がつき、そうならないように方法を変える方がより得策なのだろうと思います。








スポンサーサイト

テーマ:勉強法 - ジャンル:学校・教育

  1. 2015/08/06(木) 20:48:58|
  2. 翻訳関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これから翻訳をやりたい人達へ

 今更ながら、私は現在翻訳会社に勤めています。
 世間一般的には体の良い仕事なのですが、実際、翻訳って仕事としてどうなの?といわれると非常に微妙なところだったりします。
 もちろん、この仕事をやる上で楽しみや喜びというのも少なからず感じています。
 しかし、その一方で大きな負の面も抱えているのも残念ながら事実であったりします。

 "翻訳"で検索すると、かなりの数がヒットし、現在あちこちでグローバル化が進められていることもあって、語学に対して興味のある人は増えていますし、その語学が好きなことを生かせる場として翻訳業というのは最適というのも分かります。
 ただし、その語学に興味がある人が増える一方で、その詳細に関して情報公開というのは極端に遅れていると私は思っています。
 そして、その情報公開が遅れて、具体的な事実に基づかないイメージのみが先行し、またそれを利用していろんな会社(これは翻訳に限りません)がビジネスに"利用"してきたのもこれまた動かない事実なのです。

 私自身、この業界でまだ5年も経っていないですし、翻訳自体も最初に少し行っただけで、今は品質管理と人事に近いポストにいるため、"詳しい"と言えるほどではないのですが、少なくとも、翻訳といって明るいイメージにのみ注目される今の風潮にはどこかで切り込みをいれなきゃいけないだろうなぁ、と思っています。
 特に、これから翻訳をやりたいと思っている人達に、僭越ながら"会社側"の立場と"顧客"という面から見て、少し現実を知った上で今後の進路を決めていただきたいと思っています。

1、翻訳業はビジネスとして割に合わない。
 よほど定期的な仕事がある企業と業務提携できるならともかく、全般に不特定多数を対象にした翻訳業は割に合わない仕事です。
 なぜ、安定しないかといえば、"翻訳は一回作成してお金を貰ったらそれっきり"で"量産が効かず、使い回しが行えない"という当たり前の事実が邪魔をするからです。
 これはちょっと会社に入って話を聞いたり、ビジネスの基礎が分かる人であれば、ものすごいデメリットであることが分かります。
 ただし、翻訳した本を出版するとなると話は違ってきます。翻訳にも著作権があるので、翻訳家には出版した本が売れればその分一応収入になります。
 ですが、これはどちらかというと"作家"に近い職業で、大多数の"産業翻訳"と呼ばれる分野では基本的に著作権を放棄している状態になります。本当は厳密に法律的に言うと放棄はできないのですが、一応そういう約束事で翻訳は取引が行われています。だから、支払われるのは作業した分に対する対価のみ、です。
 そして、毎回毎回作業量が決まっておらず、また、それがいつ入ってくるのかも分かりません。
 当然ですが、収入も労働量も運が良くない限り激しく上下します。
 コネとツテが確保できないのであれば、ビジネスとして自殺に等しい業務です。
 正直に言えば、私も定期的に決まった量の仕事を出す某所との取引がなければ会社を見限っているところでした。


2、能力が著しく足りてない。

 翻訳を目指す人達はこれを自覚すべきだと思います。
 世間には翻訳者になるための学校や、大学でのコースなんかもあったりします。
 しかし、それを卒業したとしても、すぐに翻訳で生活できる仕事にありつけるとは限りません。と、言いますかほぼ不可能だと思っていただくのが良いと思います。
 仮に卒業したとしても、海外と取引のある企業・外資系・官庁等に語学力をアピールして就職する手段として活用するのが無難です。
 なぜなら、翻訳の仕事としてお願いされるものの多くは"会社の中で国内・海外向けに使われる書類"を作成することが望まれており、さらに"その中で作業する従業員並みかそれ以上の翻訳が出来ること"が望まれるからです。
 とどのつまり、翻訳をお願いしたい所というのは"社内で翻訳にかけている時間がないから、外に発注する"わけです。
 そして、今時の企業というのはその翻訳を発注している会社の人というのは"以前に語学学習をした経験と、社会経験がある"人達なわけです。
 その人達の満足できる翻訳を出せる自信がないなら止めた方がいいです。少なくとも"語学学習をした"だけでは明らかに足りず、会社に入って、基礎的な社会経験を積んで、判断力を養ってから出ないと危険です。恥をかくだけならともかく、トラブルが起きたら翻訳者自身で責任なんか取れません。トラブルが起きても大抵は会社が間に入ってなんとかしますが、どう考えても仕事はそれまでです。
 これもあくまでそれなりに語学力があっての話です。学校を出てくる時点でのほとんどの人はまず"語学力すら激しく足りていません"。少なくとも日常的に外国語に触れる機会を何年も続けていないのであれば、一番簡単な仕事でも任せるのは不安です。
 以前に、翻訳はずっと家で仕事ができるからニートでもできる、という発言を見かけたことがあったのですが、そもそも経験と語学力の両方が足りないと考えられる人を会社が使おうとは絶対に思わないでしょう。運よくトライアルに受かったとしてもよほど運と不断の努力がない限りその後の継続が出来るとは考えにくいです。


3、単純なものは機械がやる。
 それでも翻訳ならわざわざ会社に行かなくてもいいし、楽なんじゃないか、と思っている人達へ。
 個々人の感性にも依りますが、あなたが普通の人であれば悪いことは言わないですから、辛い通勤ラッシュ時間、口煩い上司と顧客、そして、労務規定無視の残業押し付け、の方が数倍マシと言っておきますし、その方が楽だし、儲かります。
 先ほどの能力とも関連しますが、一部では翻訳ソフト等も高性能なものが出回っており、かなりの部分が自動化されるようになって来ました。
 それを利用して、今まさに業務を行っている会社・個人の方もいらっしゃるようです。
 ですが、そもそも機械で楽して翻訳できるならなぜ、それをわざわざ外注し続けなきゃいけないんでしょうね?
 当然、システムを社内で構築してしまった方がわざわざ発注する手間も省けますよね?
 ソフトを秘匿し続ければ外注せざるを得ない状況が続くかもしれませんが、ITがこれだけ進歩し広まる中でそれがいつまで持つのか正直疑問です。
 それに、どの会社でも同じように適応できるほどの汎用性をソフトに求めるのは酷ですし、翻訳にバリエーションがあるように、一つ一つ相当に違うものを求められるのではないでしょうか?それこそビジネスとしてはかなり非効率です。

 一方で、やはり言語特有の難しさ等があって、完全に機械で全ての翻訳が完結するのは不可能ということも分かってきています。
 ですが、そういう文章というのはなおさら、翻訳する側に強烈な労力とそして知識と経験を要求するものです。
 大抵において、翻訳のコストというのは文字数に比例するようになっています。1ワード10~16円とかそんな感じです。
 ですから、端的に言えば、"単純な文章を機械的に翻訳していく方"が翻訳者にとって効率的です。
 ですが、置き換え程度で済むよう単純な文章は"機械で十分"になってきているわけです。
 "用語が予め規定されている"のであればなおさら人間がやるのは不安です。
 そういうわけで、今後人の翻訳者に要求されるのは"より難解な文章、専門的な文章"になってきます。
 数行の文章翻訳でちょっとした置き換えと文法・スペルチェックで済んでいたものが、今後はより"調べ"と"解釈"という作業を要求されるようになるわけです。
 前者であれば数行の文章を数分で翻訳できても不思議ではありませんが、後者は熟達者でも数時間かかって不思議ではありません。
 今でも文章ごとに難易度に大幅な違いがあるのに、ワードあたりの単価を上げても割にあうとは思えませんが、このデフレの中で単価上昇に答えてくれる会社がどれだけあるでしょう?
 金額の考証をするためなら、それこそ"誰でもできる翻訳"ではなく、"特殊な分野"の知識を得て、それを使って効率的に作業する能力が求められていくのではないでしょうか?

最後に
 色々と厳しいことは書いてきましたが、それでも翻訳に向いている人、というのはいます。
 人付き合いが苦手な変わりに語学に対する興味と努力が飛びぬけていて、儲からないと分かっていても文章をしっかり読み込んで解釈し、細かい文章のミスに気がついて、丁寧に書くことに生き甲斐を感じる人…はすごく向いていると思いますし、それで生活できるなら願ったりだと思います。
 ですが、今、翻訳者になりたいという人の90%以上はそういう人ではありません。
 どちらかというと書くよりもお話しするのが好きだったり(女性に特に多い)、語学も実はファッショナブルだからとやっていてあまり深い文法や単語の解釈論が好きじゃなかったり、楽できて儲かると信じていたり、実は大雑把で自分のミスにも最後まで気がつかない…人が大半です。
 もちろん、完璧な人というのはこの世に居ないように、完璧に翻訳が出来る人というのはいません。
 しかし、それでも向き不向きというのがあります。
 少なくとも、そういう事実を知った上で、自分はどうしてもこの道しかないと思うなら、止めることはありません。
 ですが、勘違いしたまま飛び込んでしまうのは不幸しか呼びません。
 そういう人が今後少しでも減るように、このブログを読んで、もし自分や身内で翻訳をやろうと思っている人がいましたら、軽くでいいので(あんまり強く言うと人間関係に響くので)、注意喚起を促していただけると今後より苦労する人が減るのではないかと願っています。


 〆

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/09/15(土) 12:13:31|
  2. 翻訳関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優秀な人:翻訳業界その知られざる話5

 所轄、商売は色々あれ、お金を払った人を楽させるものなのだということを最近になってようやく感じるようになってきた。
 それを人は色んな言い回しだとか、素敵な格好だとか、相手に対する態度とかでどうにか取り繕ってそれでなんとかやっていっているのだと、今更ながら思う。


 翻訳会社も翻訳を売って、お金を払う人を楽させてあげなければいけない。
 所詮、商売であり、ビジネスであるから、この前提は翻訳会社だって変わらない。

 だが、それは「良い翻訳」「良い翻訳者」の評価と矛盾するというジレンマが付き纏う。

 「良い翻訳」とは原文を正確に翻訳したもので、「良い翻訳者」はそれを実現させる人なのだろう。

 「正確な翻訳」とは翻訳会社が使う謳い文句であるが、本当に正確なものってなんなのだろうか?

 言葉はいくつもあり、そのどれかから正解を選ぶというのは非常に困難だ。
 実際に翻訳された本が翻訳者によって訳文が異なるというのは容易に見つけることが出来る。

 どれが正確かと言われて、実は明確な答えなどどこにもないのである。


 では、ビジネスにおける「正確な翻訳」とはなにかといえば、これは逆に決まりきっている。
 それは「客が満足する翻訳」である。

 その言葉がどんなに間違っていようが、客が満足さえすればそれは正確な翻訳であり、また逆にどんなに理論構築した上で言葉を選んでも客が気に入らなければ間違った翻訳なのである。
 もちろん、ある程度の共通意識はあるわけで、どう見ても間違っているものを正しいと言われることは稀なわけだが、言葉の認識における微妙なラインにおけるいざこざは常に付き纏っている。

 専門用語とかある特定団体のみ使用する語集なども考えるとキリがない。
 翻訳会社で大会社が建ちにくいのもこれが理由なのかもしれない。


 そして、「優秀な翻訳者」とは決して「専門知識を持ち、理論的に考えて言葉を選び抜くプロ」ではなく、「客の言うことに文句を言わずに対応できる人」なのである。
 どんなに知識があって、理論的に正しくても、客が満足しなければ駄目な翻訳者なのだ。

 はっきり言ってしまうが、通常のビジネスの形態をとる限り、翻訳者は自分の意思を持つことすら許されない。
 「本当にこれでいいのか?」と悩み続け、「自分は大したことない」と思い込み、「生きるために仕事を取る」という意識でなければ、翻訳者として存在し得ない。
 自分の翻訳に自信がある人ほど大抵は失敗する。


 翻訳は作業だと以前にも書いたが、そこまで割り切れる人間がこの業界に常にいるわけでもなく、ある種の理想を持って応募してくる。
 そして、客もなにかしらの妄想に近い理想を実現するために翻訳会社に依頼してくる。

 当然だが、両者の理想が実現するわけもなく、どちらかが妥協しなければならない。
 そして、妥協する側は決まっている。金を貰うほうだ。
  1. 2009/04/16(木) 00:07:00|
  2. 翻訳関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

翻訳者達:翻訳業界その知られざる話4

 色々と話を聞くと、大昔には翻訳者が翻訳会社の中にいたこともあったらしい。
 やってくる仕事を翻訳者が直接請け、お客様に挨拶していた・・・こともあったそうな。
 大体、戦後すぐぐらいの話のようで、60年代にはその形態は廃れていた・・・そうな。
 遠い遠い昔の話。

 だが、今も翻訳者が翻訳会社にいる、と思っている人は多い。
 というか、大部分の人は常識だと思っている(けどそれは業界において非常識)。
 いや、一応いることはいるのだが、いてもあくまで数名。あくまで緊急時の補助的な存在としての役割が大きい。
 実は翻訳と通訳というのは古い時代から派遣業として存在している由緒ある存在なのである。
 今の時代に言うのもなんだが、派遣の中でも特に特別な業務として輝いていたのだ。


 そもそも、いつどこで仕事が手に入り、その仕事が自分に合うかどうか分からない上、個々の注文を受けてからでないと仕事に取り掛かれないという巨大なリスクを抱える翻訳業は、通常の会社形態では本来存在し得ないのである。
 どんなにITが発達したとはいえ、実際に翻訳者にスケジュールを聞き、仕事に取り掛かってもらうまでの手間は変わらない。
 仕事に適切な翻訳者を探している間、数時間が過ぎることはよくあることである。
 最低限中一日、よっぽど無理すれば当日中は無理ではないが、それもよっぽど暇な翻訳者にうまく連絡が取れたときに限る。
 そして、そういう翻訳者というのは仕事がない=実力が伴っていないことが多い。

 それでも、昔は直接紙を手渡しに行っていた上、人が実際に紙の上に書いていたのだから、まだ客も待ってくれたし、ミスがあってもとりあえず英語になっていれば満足してくれたそうな。
 最近は機械翻訳なんて面倒なものが登場したせいで、翻訳会社に行けばその場でやってくれる、と勘違いしている人間がやたらと多い。
 しかも最近は自称「英語できる」という人も多いわけでこういう人間を相手にしていたら丸一日潰れてしまう。

 特に簡単なミスほど実は厄介である。
 人間は誰でも間違えるし、特に急がせればなおさらの事。
 だが、極限の中でスケジュールは過密の翻訳者に更に仕事を入れると当然ミスも増える。
 いくら経験豊富といえども人間には限界がある。

 だが、客は「翻訳会社ならミスはない」という妄想が常に存在している。
 だから、たった一つのミスだけで大きな損失・・・というリスクが常に付きまとっている。

 実力がトップクラスであることはトライアル試験等で確認済みなのだが、たった一つの数字のミスで仕事を失うといったことも多々ある。
 もちろん、ミスは悪いし、誤るしかないのだが、それに対する反応が日々過剰になっているのではないかと思う。

 「翻訳者」という人間がやることを求めているにも拘らず「人外な要求」を行うとはこれいかに、と思う。プロは人間ではないのだろうか?
 ミスをしない人間は人間ではない。
 ミスを恐れるのならば、十分な時間とチェック体制の完備、それを許すコストを補填することとなどが必要だろう。
 ミスを「ミスするな!」というだけでは何にもならず、それをしないための状況を作り上げることがまず大切だろう。


 まずはこれを読んでくれた人から、「翻訳会社に当日翻訳を頼むこと」の無茶を理解していただければと思う。
  1. 2009/02/19(木) 23:30:13|
  2. 翻訳関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロの翻訳者が翻訳すると…「翻訳業界 その知られざる話3」

http://msn.gaba.co.jp/kotoba/#01

ちょっとこんなページを見つけて、気になったので書いておく。

MSNを見ている人なら既にご存知かもしれないが、「日本語の表現を英語にするとどうなるか?」というコーナーだ。

今回は「レースクイーン」「100%間違いない」という2つを英語にするとどうなるか?という題であるが、「レースクイーン」に関しては完全な和製英語なので何も言うことはないのだが、後者の「100%間違いない」にはちょっと意見するところがある。

例えば、うちで長年働いているプロの翻訳者が「100%間違いない」という文章を見たときに、どのように翻訳するのか?

このコーナーでは「Absolutely Sure」が正しい、ということになっている。
だが、断言してもいいが、翻訳者はこのような翻訳はしない。

確かに英語圏における表現としてAbsolutely Sureは非常によく聞く表現で、イギリスでも多く人がAbsolutelyを使っているのは耳にする。

だが、それだから実際に翻訳の場において使われているかというと、実はそんなことはない。

なぜなら、この「100%間違いない」を翻訳したときに「100%」という単語を使用しないと「意訳しすぎている」もしくは酷い場合だと「翻訳されていない」と解釈される可能性があるからだ。
間違いないを「not wrong」ではなく、「Sure」と解釈するのはまだ大丈夫だろうが、100%を「Absolutely」と解釈するのは危険だ。

下手をすればそれで文句をつけられて、「Absolutely」と訳するような翻訳者に仕事をまわせなくなる事だってありえるのである。


日本語的な表現をそのまま英語にした場合、その意味が英語でおかしくなるケースというのは確かにある。
その場合、非常に類似した意味を持ってくることは多い。

だが、このケースに限って言えば、100%は英語だろうが日本語だろうが共通の意味であり、その表現を可能な限り残そうとするのが翻訳会社で働く翻訳者のやり方なのである。

基本、翻訳者はネイティブであっても多少英語の表現から外れていても、日本語の表現のまま翻訳に残そうとする。
もっと端的に言えば直訳に近い感じになる。

他の例で言えば、電車に乗るときに「"戸袋"に手を挟まれないように」という表現があるが、これの英語が"Door Pocket"となっていて、こんな表現は実際英語にはないし、日本にやってきたネイティブの笑いのネタとなっているわけだが、翻訳会社に頼む以上はこういう表現にならざるを得ないのである。

なぜなら、上記「Absolutely」のような「意訳」を行った場合、その意図が顧客と翻訳者で同じものが取れる可能性は限りなくゼロに近いからだ。(顧客の日本人は大抵中途半端に英語を知っていることがほとんどなわけで)
もちろん、ある程度顧客から支持があり、事前に深く相談していたり、そういう単語を使ってくれという「単語集」まで用意されているなら話は別だ。
大抵は短い期間で「翻訳会社なら素敵な表現の文章ができるだろう」という妄想に近い期待の元に原稿が送られてくる。

だが、翻訳者は相手の意思を読めるテレパシーが使えるわけでもなければ、表現まで気を使える詩人ではないので、直訳した文章を提出するし、また翻訳会社も「意訳して違った場合のリスク」を考慮すれば翻訳者にはできる限りの「直訳」をしてくれるように契約時に話をしたりするのが常だ。

その後で「本当にネイティブがやったの?」とか「日本人が直訳したのだろう」という疑心暗鬼に陥られて困ったなどというケースは非常に多い。
そして、結果としてその客によって翻訳会社にそれ以上翻訳は頼まれず、客は客で別の翻訳会社に行ってまた失敗するというケースは多い。


翻訳者はあくまで言語を右から左に移す職業だ。
それを勘違いしている人が多いのは、上にあげたような英語コーナーや中途半端な英語教育の賜物なのかもしれない。
そもそも、以前にも書いたかもしれないが、日本語の表現を英語にすることを覚えるくらいなら、「英語を使う人間の考え方を学ぶほう」が英語を話す助けになるはずなのである。
それか、いっそ日本人なのだから、英語でも日本人的な表現をしてネイティブに首を傾げられる、ぐらいがコミュニケーションの一環としてはむしろ正しいなのかもしれない。
(インド人とか中国人も平気で彼ら独自の表現を直訳したような英語で喋る。日本人の場合はむしろ「言語」に対する勘違いが原因かもしれないが、これは今回は伏せておく)


話がずれたが、翻訳の表現まで直してもらいたいなら、事前にそういう準備をしておくか、もしくは作家の一種である「翻訳家」に頼むことだ。
ただ、「翻訳家」はただでさえ高い翻訳料が翻訳者の倍以上はするし、著作やらなんやら色々と面倒なので気をつけるように。
  1. 2009/02/15(日) 11:49:02|
  2. 翻訳関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。