The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネアンデルタール人と現代人の食事の違い

neanderthal_narrowweb__300x340,0

ネアンデルタール人とは今からおよそ約20万年前に出現し、2万数千年前までにヨーロッパや中近東に暮らしていた絶滅した人類の一つである。
このネアンデルタール人は北京原人やジャワ原人の総称として現在使われているエレクトス人よりもずっと新しく登場した人類で、絶滅した人類としては発見されている中では最後の種という事になる。
ネアンデルタール人は進化人類学にとって非常に重要な課題として今まで研究されてきた。
それは、少なくとも彼らの住んでいた同じ時期に現代人の直接の祖先 Homo sapiensはすでに登場しており、ヨーロッパと中近東という同一地域に50,000年以上という長い期間、「人類が人類以外の人類と共存していた」という事実が分かっているからだ。
image.jpg

その生物学的な違いは上の写真を見ればご理解いただけると思う。
身長は現代人より低く手足も短いがかなりがっしりとした体格で、特に頭が大きく、脳の容積も現代人より大きい場合がある。

だが、この生物学的な分類の違いだけでなく、彼らの生活が一体現代人のそれとどう違うのか?については様々な議論が行われてきた。
その中で特に昔からずっと調べられてきたのはネアンデルタール人と現代人の食生活に関する研究である。
元々、彼らのがっしりとした体格や短い身長、手足は食物の影響があるのではないかと提案されていた。(他にも当時寒かったヨーロッパの気候に適応したのではないか、など)。
だが、最近の研究では特に科学的な分野でそれまでに見つかっていた考古学的な証拠から、新しい見解、もしくはそれまでの見解を強固にすることが可能になってきた。
例えば、電子顕微鏡の発達で骨や歯といったものの詳細を調べ比較したり、彼らの残した動物の骨や植物の種なども特定することができるようになっている。
更に、Stable Isotopeと呼ばれるプロテインの比率を図ることで、その生物が何を食べていたのかを特定するなど、新しい方法での研究の発達も目覚しい。

今回は特に論文の翻訳抜粋が主にして、このネアンデルタール人と現代人類の食事の違いについて、いつもより長い長文を書いていこうと思う。 [ネアンデルタール人と現代人の食事の違い]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/17(日) 22:34:56|
  2. ちょっと硬めな勉強のお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。