The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お茶文化を守れ

 お茶文化というものは人と人との繋がりと非常に密接に関わっているものの一つである。
 客が来た時、複数人で集まって長時間のお喋りをする時なんかには今でも欠かせない。


 ユーラシア大陸を挟んで反対側にある島国イギリスでも、そのお茶文化は今でも根強い。
 イギリスといえば紅茶、とそのお茶文化に対する親近感からか、日本から観光旅行に行く人も非常に多い。

 そういったお茶に興味がある人は基本的に「お茶の葉」を求めてやってくる。
 だが、ネットでも下調べをすれば分かるのだが、イギリスにおいてそのお茶の葉をきちんと分量を決めて、素敵なポッドに入れて飲む習慣というのは、よほどのお家でない限りはほとんど絶滅しているといっていい。

 一般家庭において、お茶はティー・バックを人数分より少し少ないぐらい取って、安いステンレス製のポッドかヤカンにぶち込んで電気で沸かし、グルグルとスプーンでかき回して微妙に泡の残っていたりする紅茶カップに注いで飲む。
 これは結構カルチャーショックだったりするが気がつけば慣れている自分がそこにはいた(慣れない日本人も多いけど…)。

 探せばそういった日本人(か中国人)向けにお茶の葉を売っている店もあるのだが、それは「お茶文化を求める人」にとってはあんまり気持ちのいい状況ではないわけで…。
 中国人相手だとお茶の葉の入ったカンをお土産に持っていくのは非常に喜ばれるが、イギリス人だとその葉をどうすればよいのか分からない場合が多いので、不思議な顔をされることも多い

yorkshire2.jpg

 代表的なお茶の一つヨークシャーティー。価格も安くてたくさん入ってるので非常に経済的。
なんでも高いイギリスだが、お茶は安いと自信を持って言える。


 さてさて、ここで、「イギリスではお茶文化は絶滅してしまっている。悲しいことだ」と結論付けることもできるわけだが、それはちっとも面白くないわけで。

 そんなティー・バックしかなくて、適当な入れ方をしている状況にあっても彼らはお茶の伝統文化を守っている、という点においては今でも世界相手に堂々と言えるわけで、これは高いお金を出してお茶の葉を買い、これまた高いお金を出してお茶を入れる陶器かなんかを買い、自然水に拘ってお茶を飲んでいる人にとっては堪らない話だろう。

 だが、こういうお茶に拘る話をした場合、人にもよるがイギリス人に言わせると、
「なぜ、高い金を出してお茶を飲むことが伝統を守ることになるのか?」
といった返事が返ってくることもある。

 それというのも、庶民にとって昔お茶の葉を買って飲んでいたのは、それが一番経済的に適していたからで(もっというなら、それしか選択肢がなかったわけで)、現代において高いお金を出して当時は安かったであろうお茶と買い換えられないから仕方なく使っていたポッドをわざわざ使って飲むというのは明らかに(当時から見ても)庶民の文化とはかけ離れた異常な行為でしかない、というわけだ。
(厳しい言葉で言うなら上辺だけ、見せかけだけの伝統だと)

 もちろん、そういった素敵なお茶の葉とアンティークなカップに拘るイギリス人もおり、彼らはこういう物を持ってお茶を飲むことが真の伝統であると豪語するわけだが(テレビでもそういう番組があるし)、面白いのは日本では彼らだけが言い分として論理的に正しいような書き方しかされないのが、イギリスではティー・バックを使う人々の側にも伝統を守っているという論調が普通に存在しているということである。一言でまとめるならば、「庶民が庶民らしくお茶を飲む伝統を守っている」といったとこだろうか。

 それはコンビニにあるような"お~いおちゃ""そうけんびちゃ""いえもんちゃ"を飲んで、お茶の伝統を守っていますと言っているに等しいわけだが、この様子を取材するイギリスのメディアでは"そういった現代的なマーケットの中でも様々な種類のお茶を用意する日本の伝統文化が生きている"といった論調に変わるのである。

 これを読んで頭がこんがらがる人もいるだろうが、まず黒字で強調した質問に答えてみることから始めるといいかもしれない。

 今、これを書きながら側にコンビニで買ったお茶があるわけだが(取っ手がついててなかなか便利な奴)、これを飲んでもそれは伝統であると思うと少し清清しい気分でなかなか楽しめるのである。
スポンサーサイト

テーマ:イギリス - ジャンル:海外情報

  1. 2008/07/14(月) 01:14:00|
  2. ただの雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。