The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

イムナドラ遺跡

突然ですが、ふと思い立ってマルタ島まで旅行に行ってきました。
ちゃんと仕事を処理してないから結局島でも少し仕事する羽目になったけど、それでも充実した旅行でした。
リゾート地として有名だけど、自分はもっぱら興味は古代遺跡のほうにあったので、バリバリそっちを見学してきました。

ちなみに夏は恐ろしく日差しが強いので、ただ歩くだけでも日焼け止めは必須です。
下手に白人の真似をすると死ぬ目にあいます。

では、そんなマルタの遺跡から今回はイムナドラ(Mnajdra)遺跡写真を紹介します。
名前の響きがアラブっぽいのですが、マルタの現地語はアラビア語に近い系統の言語だったりします。

いつもは文だらけですが、今回は珍しく写真だらけの記事です。
他の写真も時間と整理がついたら公開するつもりです。

PAP_0070.jpg
遺跡に向かう途中の道。分かりにくいけど、藪の向こうに舗装された道があります。
炎天下の下、かなり長い坂道を延々と下らなくてはならないので結構厳しい。
こんなところにわざわざ神殿を良く建てたなと古代人の努力に感服。
ただ、海はさすが地中海。鮮やかです。
PAP_0054.jpg
遺跡自体はテントでカバーされてました。
紀元前3600~2500年頃に建造された3つの神殿(英語だとtemple)に実際に入ることができます。

PAP_0050.jpg
神殿入り口。かなり巨大な石を積み重ねています。
PAP_0055.jpg
PAP_0065.jpg
内部は小さな石が複雑に詰まれています。一番奥には丁度祭壇のように見える施設があります。
PAP_0058.jpgPAP_0060.jpg
二種類の入り口。
丁度門のように立っている2つの巨石は入り口は人が通るためのようです。
もう一つは巨大な石をくり貫いてある入り口。こっちはなにか儀式的な意味があったようです。

Mnajdra_Temple_outline.gif

写真だと分かりにくいので下記HPから全景の地図を引用。
http://www.goddesshealing.com/Temples_Malta.htm

中央と右の神殿は多少左の神殿より高い位置にあります。
構造的に長丸の左右対称の部屋を作り、その中央に門を作って継ぎ足して建造して行ったようです。
周囲は壁に囲まれていて、おそらく屋根部分は木などの自然素材でできていたようです。



スポンサーサイト
  1. 2009/08/13(木) 23:10:29|
  2. ただの雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv