The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

和製英語

最近、聞いた中で改めて知った和製英語を紹介。

日本語で「ダビングする」というけど、これを聞いたネイティブは勘違いする。
翻訳するときは要注意。

日本語のダビングするは英語にするときは"Copying"。
ただし、ビデオなど映像に限られる。
日本語にすると「複写/複製」


では英語の元単語である"Dubbing"はというと…

1 : to add (sound effects or new dialogue) to a film or to a radio or television production —usually used with in
1、映画やラジオ、テレビなどに(音響効果や字幕/吹き替えを)追加する。ー通常は同時に使われる。

2 : to provide (a motion-picture film) with a new sound track and especially dialogue in a different language
2、(音声の入っていない映画に)新しい音楽や字幕/吹き替え、特に違う言語のもの、を提供する。

3 : to make a new recording of (sound or videotape already recorded); also : to mix (recorded sound or videotape from different sources) into a single recording
3、(既に録音されたビデオテープに)新規に録画/録音する、また、その録画に(別撮りで録音された音や、録画されたビデオを)合成する。

Webster Dictionaryより

と、いうわけで元の意味は違い、結構高度なテクニックのことを指します。
日本語の感覚と大分違うわけですね。
直訳するなら「編集する」とかもっと具体的に「字幕/吹き替えをつける」ということになるのかな?

ただ、最近はビデオテープにダビングするなんてことしないし、この和製英語も消えていっちゃうのかもしれません。
でも、10年以上日本で翻訳やっている外国人の間では結構今でも通じたりしちゃうのだから、なんともという感じです。




スポンサーサイト
  1. 2009/12/23(水) 13:48:05|
  2. ただの雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。