The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

人間も動物の一つ

 よりにもよって台風のせいで楽しみにしていた祭りがパーになってしまいました。
 そんなわけで週末時間がができすぎてしまったのでインドア活動に励みます。


 今回のお話ですが、人類学の中でも生物学よりに考え始めた場合、どうしても避けて通れない「人間」という動物の扱いについてです。

 我々が人間である以上、人間は特別であってそれ以外の動物と区別するのは当然なのですが、どうしても自然界という枠組みで見る場合、人間はあくまでも動物の中の一つという扱いにしないと話を進められない場面というのが多々でてきます。

 さて、この「人間を動物として扱う」という事ですが、よく自然保護団体の方が仰る「人間も自然の一部なんだから、環境のことを考えて、生命を大切にしようと努力すべきだ」という話とは似て大幅に異なるものです。

 というのも、この「人間は自然を大切にしよう」というのは実は人間を自然と切り分けてでしか成り立たない考え方なのです。もっと言うなら非常に西洋的な観点に基づいているのですが、東西の文化論として書くのはまた機会を見てからにします。

 「人間」は「動物」であるならば、人間そのものは自然でありますし、その自然が起こす行動もこれまた自然の域を超えるものではありません。な~んか哲学的な事を言っているようですが、噛み砕いていくとそこまで難しい話でもなく。

 例えば、人間が工場を建てて車を作り排気ガスをバンバン流して環境を汚染したとします。これは一般的には「自然ではない」ということになりますが、人間という動物がその種の利益のために様々な自然物を加工し、その結果として発生したものですから、元を正せば全て自然だということになります。
 種の利己的行動で環境を変化させるのは何も人間に限ったことではなく、それこそ植物などは酸素を排出することで地球規模の環境改変を行っているといえますが、これを誰も汚染だとは言いません。
 実は「自然保護」なるものも、工業の廃棄物で環境が変わると人間を含む動物や植物の害になるから止めようというのがその本質であって、この人間の行動も結局は自己の利益を前提としたもので、まさに動物の本能に赴く自然の一部であるといえます。


 まぁ、結局は利益のためとはいえ、なにも咎める意識なんか持つ必要はなく、むしろ、下手に廃棄物を垂れ流すよりもきちんと管理してサイクルに乗せたほうが人間という種は長生きできるのでしょうから、非常に賢い選択といえます。だから、そのために多少プロパガンダちっくになったところで、非難するということもないでしょう。プロパガンダの意義について考えるのはどちらかというと社会学や政治学の話にずれこんでしまいますしね。

 とにかく、こういう人間のそれも近代における最先端技術を使用したものまでを自然行動の一部とみなして考えるのは、なにかとこの勉強をするのに役に立ったりします。なにしろ扱うものが「中途半端に人間」だったりもするわけですから、下手に人間と自然を分けると非常に説明がややこしいのです…。

[人間も動物の一つ]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 12:39:00|
  2. 人類学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv