The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ティーガーI、 ケーニヒスティーガー、3Dモデル製作記

最近はずっとゲームに使用する3Dモデルを作ったり、動画の製作をしていたりしました。
そのうちのいくつかを紹介します。

tiger1_onnel.png

「ティーガーI重戦車」
第二次大戦でドイツが開発したVI号戦車。
圧倒的な装甲と火力で連合軍を相手に異常なまでの戦果をあげ終戦まで奮闘し続けた伝説的戦車です。
映画でも散々登場しているので、一般的な知名度も比較的高かったりします。
プライベートライアンの後半に登場しているのがこれ。ただし、あの映画に登場しているのは実写ではなくソ連の戦車T34の改造なので、車輪が特に大きく違います。
有名な割りに稼動可能な実車が少なく、映画ではほとんど改造戦車のみが搭乗していたのですが、遂にブラッド・ピット主演の映画"Fury"にて世界で唯一稼動可能なイギリス、ボービントン博物館展示のティーガーIが登場するとか。

モデル製作に関しては比較的直角なので車体の成型は楽なのですが、ごちゃごちゃと入り組んだ転輪、複雑なエンジン周囲の構造、やたら多い付属品に悩まされます。
本当はツィンメリット・コーティングという表面にギザギザのでこぼこをつけなければいけないのですが……適当なテクスチャでお茶を濁しています。
何かよいやり方がないか模索していきたいところです。

kingtiger_2type.jpg
「ティーガーII(ケーニヒスティーガー)重戦車」
上記のティーガーIを改良した戦車で、アメリカ軍がキングタイガーと呼んだのをドイツが逆輸入、ケーニヒスティーガーとも呼ばれます。
その装甲と火力は第二次大戦で登場したあらゆる戦車を凌駕します。
その代わり機動性は劣悪で、70トンもある重量は足回りに過大な負担を与え、故障が絶えませんでした。
映画では「バルジ大作戦」に登場していますが……この映画に登場しているのはM46をドイツっぽい灰色に塗っただけで改造車ですらなかったりします。
生産数が少ない割りに砲塔が2種類あったり、細かい部分が違うものが散見されるのはどうも試作車も次々に前線に送らなければいけなかった戦争末期のドイツのお家事情が関係している模様。

モデルとしてはそこそこに苦労しますが、車輪やエンジン周りはティーガーよりもシンプルになった感じがします。
ツィンメリットにはフォトショップのテクスチャライザーを使用。手を抜いた割にはそこそこに効果が出ているような気もしますが、細かい部分の調整が利かないので今後も使うかは考え物。


とりあえず、現在製作しているゲームではI号を除くドイツが戦時中に使用したII~VI号全ての戦車にアニメーションをつける予定でいます。
既にII、IV、VIは目処が立っているので、IIIとVの製作をしつつゲーム部分の製作も進めていこうかと思っています。

6/3 動画を追加



スポンサーサイト

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/05/19(月) 04:03:22|
  2. ゲーム製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。