The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

今後の制作の予定とか

先月いろいろとやることが多く更新できなかったので、今日は2カ月ぶりの更新です。
理由としては、仕事が忙しかったのもありますが、制作中のクルト・クニスペルが現在大詰めの状態で、テストプレイをしつつ最終調整を行っているのが大きいです。
日本戦争ゲーム開発さんのブログでもアナウンスされましたが、公開日は7/11となりました。
ゲームとしてはほぼ完成していますが、公開後不具合多発とならないように最大限がんばっています。
自分で言うのもなんですが、間違いなく前作カリウスよりもずっと遊びやすくそれでいて色々なことができるゲームに仕上がっています。
是非、ご期待ください。

さて、クニスペルの売り上げ次第ではありますが、WWII英雄列伝シリーズは可能な限り今後も続けていくつもりでいます。
陸戦だけに限っても扱っていない英雄も多くいますし、なによりまだドイツ戦車エースしか扱っていないので、今のままでは「ドイツ戦車エース列伝」となってしまいますからね……。
次回の候補としてはアメリカ・イギリス・ソ連の英雄です。日本は……諸々の事情でちょっと今のままでは難しそうなので大分後になりそうです。
構想だけなら動いているので、制作に必要な資料や素材の調達を検討して実行の目途が立てば制作に取り掛かれるだろうと思います。

一方で、久しぶりにツクール製フリーゲームの制作も再開しようと思っています。
というのも前作カリウスの前に制作していたゲームがありまして、この制作が中断していたりしたのだったりします。
既にマップはほぼ完成しているので、それ以外を制作して早ければ年末には出せるかという感じです。
詳細に関してはクニスペル公開後にぼちぼちアナウンスしていこうかと思っています。

余談ですが、私の場合ゲームはマップ制作から入ることが多いです。
単純にマップデザインが好きというのもありますが、最初に手を出したSFCのRPGツクール2ではなぜかマップのデータは残るのにイベントやその他のデータは全て消えてしまう現象に出くわしたというのが大きいです。
もちろん、それがより悪化するとマップデータもまとめて消えましたけど、この時の経験からマップデータは先に作り、他のデータはノートに書いておいて、消えないうちに一気に作るというやり方をとっていました。
一応バックアップ用にターボファイルツインを後で買ったのですが、あの黒い弁当箱のような物体が異様に見えたことと”電池式”でかつセーブ/ロードの遅さが不安を掻き立てていたので敬遠していたらPSやパソコンが出てきて結局あまり使わずに終わってしまったのでした。そして、ネットが使えるようになって8MBメモリーパックが断然お得という事実を知るという始末。あの妙なソフトの上の開口部の使い道は当時謎でしかありませんでした。
今となっては無駄な作業かつただの思い出でしかありませんけど。
Turbofiletwin.jpg

さて、実はこれ以外にもいろいろと中途半端になったりしているものがたくさんあるので、今年も概ね半分を切った辺りでこれらを順次年内に作業を片づけて公開していけたらなと思っています。
それでは、今後ともよろしくお願いします。



スポンサーサイト

テーマ:ツール・ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2015/06/18(木) 20:20:40|
  2. ゲーム製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv