The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

表現に固執し過ぎておかしくなる翻訳

今回は久しぶりに翻訳のお話を書いてみたいと思います。
さて、英語が喋れない、書けない、という人の中にはかなりの頻度で”日本語の表現に固執し過ぎている”というケースが見られます。
この”表現に固執する”ということを指摘する本やネット上の記事は比較的あるのですが、それでもいまいち広まり切れていません。
私はその原因の一つとして、日本人にありがちな”生真面目さ”や”几帳面さ”があるのではないかと思っています。
こういってはなんですが、私は世界でも真面目と評判の日本人にしてはかなりざっくばらんなほうで、そんな性格でよく言語関係の仕事が務まっているとは自分でも思うのですが、とりあえず死なずに生きています。
一方で、とても真面目で几帳面な日本では優秀と評価される人が翻訳の方面に限らず、海外に行ったりした際にドロップアウトしてしまうという現象を多々見てきました。
”生真面目さ”や”几帳面さ”は必ずしも悪いわけではなく、むしろ一般的に良いものの代表格として扱われますが、それが”発揮される方向”を間違ってしまうと、むしろ適当にやっている人よりも悪い評価を受けてしまうということがあります。
そんなせっかく持った”生真面目さ”や”几帳面さ”で道を踏み外してしまう人が減るようにここに私のできるかぎりの範囲で説明していきたいと思います。

さて、具体的に”表現に固執する”というのはどういうことでしょうか?
一番わかりやすい例を出すと、”Good morning!”を「良い朝!」と訳してしまうようなものを言います。
いや、そんな人はいないだろう、”Good morning!”は「おはよう!」だよ、とほとんどの人は言うと思います。
実際、辞書にはそう書いてありますし、英語を習う一番最初ぐらいに出てくるので、こういった間違いをする人はほとんどいないと思います。
ですが、これが自分の知らない単語になった場合はどうでしょうか?Goodを「良い」、Morningを「朝」と辞書で引いて、「良い朝」と訳してしまうように、単なる並んでいる単語をそのまま置き換えるように訳していくととてもおかしな文章ができあがることが想像できるかと思います。
また、文脈によっても違います。確かに挨拶としてのGood morningは「おはよう」ですが、”It’s a good morning!”となれば「良い朝ですよ!」と訳するのは不自然ではありません。

これは文化毎に「どの単語をどの状況に使うかが異なる」ということを示しています。状況に応じて言語というのはその選択される単語や意味・表現が変化するのです。
それを踏まえず柔軟性を失った”生真面目すぎる”、”几帳面すぎる”訳は思いのほか日本にあふれています。
そして、指摘されても、なんでそんなに変化してしまうんだ、と逆切れに近い反応をしてしまう人も多くいます。
ですが、「言語とは必ずしも対照的になるものではありません」。単語を置き換えるだけの機械翻訳がおかしくなってしまうのもこのためです。
比較的言語感覚の近い近隣諸国(日本で言えば韓国)であれば、置き換えるだけの翻訳も割かしとおってしまいます。
しかし、遠く離れた土地の言語、歴史的に断絶の多かった地域の言語は独自の発展を遂げていて、対にして翻訳することが大変難しくなっているのです。

先ほどの例は英語>日本語の例でした。逆に「おはよう!」という単語を”お早う”という漢字の意味のままに”Early!”とでも訳してしまったら、あいさつとして、突然「良い朝!」と言われたぐらいの不自然さを感じることになります。
日本人は日本語の表現をそのままに外国人に伝えようとする傾向が特に強くあります。
「おはよう」程度なら習っていますからよほどのことが無い限り間違えないでしょうが、これがより違った表現、自分の知らない単語や文章であった場合はどうでしょうか?
まさに外国人に対して「良い朝!」と呼びかけるような状況が多々起きているということになります。
その結果、いまいち通じない、といった経験はもしかしたら思い出す人もいるのではないかと思います。
もちろん、英語と日本語をある程度理解している人であれば「良い朝!」とあいさつされても、なんとなく予想がついて理解してくれる場合もあるでしょうが、日本語を理解してくれる外国人はそれほど多くはありません。
やはり自分でこの問題を克服していく必要がでてきます。

では、これを避けるためにはどうしたらよいのか?といえば、やはり喋っている、書いている状況毎で覚えていくに限ります。
単語や文章を対にはできませんが、一つ一つの状況、例えばあいさつをする、食事をする、お店に行くといった状況は各国で大きく変わるわけではありませんから、そこで使われる表現というのを場面ごとに覚えていくのです。
実は私たちは(よっぽどのその道の専門家等を除けば)日本語を話す際にそれほど意味を意識して使っているわけではありません。
普段から会話したり文章を読んだりする中で、こういう場面でこういう言い方をしていたな、という記憶の積み重ねが今の話し方を作っているのです。その結果、一つ一つの単語の意味を頭で考えて発言したり書いたりするよりも素早く行うことができるのです。
英語を話したり書いたりする際に、どうにもたどたどしくなってしまうのはやはりこういった経験が少ないところに起因します。
数をこなすといってもただ単語のリストを覚えたり、文章をまる覚えするのではなく、話したり書いている状況と結びつかないといけないのです。
この意味ではイディオム的な覚え方も確かにただ単語をなぞるよりはマシですが、状況と結びついていないという意味では50歩100歩といえます。

状況と結びつける、というと難しそうですが、話した状況を覚えていればいいだけの話ですし、日本語を覚える際に子供の時やっていたことをそのままにやるだけのことです。
ただ、子供にも日本語の教育が必要なように、英語も状況だけで覚えた言語は曖昧なところがでてきますので、ある程度の教育による矯正が必要になってくることは変わりありません。実践と教育の両方が揃って初めて話したり書いたりできるということになります。
一方、子供と違って大人は教育の方から先に入り、その後に本来最初に入るはずの実践が後に来るという逆転現象が起きてしまいます。この時に大切なのはあまり教育で覚えたことを画一的に適用しようとするのではなく、実践している状況を踏まえた上で、それに教育で覚えたことを重ねていく、ということです。
もし、教育で受けた「Good morning=おはよう」を常に行ってしまうと、それとは違う状況になった時に使われている意味に対処できないばかりか、間違ったまま押し通してしまうということが起きてしまうでしょう。
また、この実践はなにも海外に必ず行って外国人のグループに入らないといけない、というわけでもなく、Youtubeのビデオなどで良く上がっている外国人の一般的な会話などを見ていくことなどでも補えると思います。映画や劇だと日本でもそうですが、あまりに出来上がりすぎている会話なので、あまり一般的な会話という面では実践的ではないかもしれません。
少なくともいえるのは、子供だから記憶力が高くて覚えられるのではなく、大人になった後、本来覚えるやり方とは違う方法に固執したまま先に進めなくなっていることが大きな原因であると考えられます。

もちろん、要領よく習ったことをそのまま生かせる人も中にはいると思います。
ですが、私も含めほとんどの人はそれほど要領が良いわけではなく、また、外国人の身振り手振り、話し方等々が気になったりして、なかなか今まで勉強してきたことと繋がりません。
それを打開するためには、何が正しく、何が間違っているのかを考えるより前に、自分の中で固執してしまっているものに気がつき、そうならないように方法を変える方がより得策なのだろうと思います。








スポンサーサイト

テーマ:勉強法 - ジャンル:学校・教育

  1. 2015/08/06(木) 20:48:58|
  2. 翻訳関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv