The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

文章エラーの現実と管理のお話

今回のお話は人間なら誰しもがするミスのお話。
ミスは誰しもの悩みであり様々な障害を起こすものですがどう対処すればいいのか、ということについて、特にここでは文章におけるエラーについて書いていきます。

私の仕事上、大量の公開文章を取り扱うことになるのですが、この中で必ずエラーレポートを作成することになっています。
例えば、送られてきた文章の中に何らかのミスが含まれている場合、その内容を記録しておき、明確な間違いであれば修正しますが、なんとも言い難い場合は報告に留めて提出する必要があるからです。
では、そのレポートはどのくらいの率で存在するのでしょうか?
この書類は大雑把に月1000件、1件辺り800字~1000字程度、400字の原稿用紙にして2~3枚分、というものなのですが、10件に1件はエラーが報告される、というのが平均的な数字として出ています。
これはつまり、10000字程度を書けば、それなりに学のある人が丁寧に書いてもエラーが発生すると考えてよいと思います。
一般的な卒業論文は10万字程度といいますから、そうするとどんなに丁寧に書いても他者による校正を入れない限りはその中には10個程度は間違いがある、ということです。
意外と多いな、と思われるのではないでしょうか。
それでもある程度文章レベルの高い人がテンプレートに沿いつつ書いている前提ですから、これが一般のレベルになれば大体半分の5000字書く毎に1件のミスが発生すると見込んでよいのではないかと個人的には思います。
5000字は原稿用紙約10数枚分です。他人がやるならともかく自分で書いているのを想像すると、連続してやるには集中力的にちょっと厳しくなってきそうな感じですね。
[文章エラーの現実と管理のお話]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ものづくり - ジャンル:ビジネス

  1. 2015/10/06(火) 20:07:54|
  2. ちょっと硬めな勉強のお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv