The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

今年の活動まとめ報告+人類学のお話を少し

年の瀬も迫ってきて忙しくなってくる季節ですね。
今年はWWII英雄列伝クニスペルの公開と初同人イベント参加、その他モデルの公開や各方面でのお手伝いなど昨年に増して色々な出来事が目白押しな一年でした。日本戦争ゲーム開発への正式参加となり、来年もいろいろあるとは思うのですが創作活動はより充実させていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。
なお、ツィッターでは告知していましたが、2016年ニコニコゲームフェスにはWWII英雄列伝クニスペルとWWII英雄列伝カリウスを出品し、そのためのPVも作成しましたのでよかったらご覧ください。クニスペルは発売直後にPVを作ったのでこれで2本目ですね。どちらも私のテイストが反映されて日本戦争ゲーム開発のゲームながら、どちらかというとちょっとシックな雰囲気に仕上げています。ニコニコでは私のアカウントから見れますので、こちらにはYoutube版を貼っておきます。





このブログも単なる報告に留まらず、ちょっとなかなか見ないお話をなるべく分かりやすく解説できるような面をより強化していきますので、カタツムリのような速度でしか進行しませんが末永くお付き合いいただければと思います。
 実は人類学関係のニュースも実は結構豊富に入ってきているのですが、なかなか私の方でまとめきれていません。特に最近ではネアンデルタール人、デニソワ人といった現代人とは違う人類が同じ時代に共存していたというもので更に発見があり、どうやらこの2種どころではなく3種目の人類と現代人が共存していた可能性が濃厚なものとなってきています。
 以前より、共存していた人類は他に2種だけではない可能性は囁かれてはいたのですが、実物が出てくるとまた話は違ってきます。より濃厚に複数の人類が共存していた世界という物を考えなくてはいけないようです。
 さらにネアンデルタール人との現代人との交配がほぼ確実視されるようになってきたというのも今年の大きな進展だったでしょう。これによりネアンデルタール人本家は絶滅しているものの、ある意味、現代に生き残っているものがある、ということができるようになってきました。
 ここからは正直かなり想像の域も入ってきますが、この2つの報告を更に発展させて考えていきますと、現代人類はネアンデルタール人以外のまだ発見されていない別の人類の遺伝子も内包しているということが予想されます。つまり、我々は20万年前に誕生した時点のホモ・サピエンスとは身体構造上ほとんど同じである物の、その遺伝子に於いてはそれ以外の絶滅したような旧人類を取り込む形で現代に続いてきた……ということも考えられるわけです。では、一体、我々ホモ・サピエンスと他の旧人類は当時どのような関係にあったのでしょう?お互いの子孫を残すような関係でありながら、一方は絶滅してしまっているのですから、なおさら何があったのか疑問が湧いてきます。
 まだまだ分からないことも多いのですが、なんにせよ、私の方で情報を取りまとめて整理できましたら来年には記事を書いていきたいと思います。

 それでは、みなさま、よいクリスマスと新年をお迎えください。


スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 13:44:04|
  2. ただの雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv