The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イギリスで人類学をやろうと思ったきっかけ

前回の続きを書こうと思ったのですが、今回はちょっと思い出話を書いてみたいと思います。これも続くかも…?
私にとっては栄光とトラウマの両方が入り混じった複雑な体験だったので公開してこなかった上、イギリスで進化人類学を勉強する、なんてことが参考になる人はまずいないので話す必然性もなかったのですが、年月も大分経ったことだし、最近改めて自分を見つめる必要性も感じてきているので、ここで気持ちの整理も含めて書いてみたいと思います。

そもそもなんで外国に行って進化人類学なんかをやろうと思ったかということは時々人に聞かれるのですが、正直私も最初から強い決意があったわけではなく大体ぼやけた返答(興味があったのでみたいな)をしていました。恐らく振り返ってみると大きかったのは私が中学生くらいの時に町の講演会で非常に珍しい「猿人と石器」に関する話があってそれがきっかけになっていたような気がします。
元々恐竜はじめ古生物、動物、歴史が好きで本や図鑑、漫画をしこたま読んでいたので(学研さんありがとうございます)、将来これに関するお仕事をやりたい、まぁ平たく言って学者になりたいくらいのことは周りに伝えていました。それで、母親がなんだかこの講演を見つけてきて、よくわからないけど好きな話に近いだろうしせっかくだから行ってこい、と促された、というパターンだったと思います。ですが、猿人と石器なんてのは読んだことはあっても、そんなに当時の自分としてはエキサイトするトピックでもなかったといいますか、古生物的には恐竜やカンブリア生物群なんかと比べても猿人はデザイン的になんだかなーですし、歴史としても文明が発達するより大分前なのであまりにも原始的すぎる、という感覚でした。なので、やる気があまりないから開始時間にも遅れて入って後ろの席に腰かけ、終始かなり眠かった、というのが実態です。
それで、講演が終わって恒例の質問タイムになるんですが、意識の高い系の大人がなにやら猿にも思いやりの心やらなんやらを質問していて、これは子供ながらも「そりゃないよ」と思い人生初の「学術発表の場につきもののずれた語りに近い質問」を体験することになるわけです。そして、司会の方が場の空気を変えたかったのか終わった後に、「お若い方、質問はありませんか?せっかくこういう機会ですから……」と辺りを見回すわけですが、大体若い人はほとんどいない…、さらにその中でも明らかに中高生ぐらいは自分くらいしかいないのでいやがおうにも注目される。別に注目されるのは嫌いなわけじゃなく実際の先生に質問できる機会なんてめったにないわけですが、さすがに流れ的に厳しく思えたので、わざと目をそらしたのを覚えています。
そして、なにより印象的だったのがなんだか寂しそうな講演の先生で、結局その意識高い人以降に質問は続かず「他に質問がある方はこの後に直接でも…」という司会のアナウンスもあり、これは自分が何か聞くのがいいかなと余計な情がでてきたのでした。ですが、前述したとおりほとんど寝ていたような奴なので当たり前ですが内容で聞けることなんかほーとんどない。この時点で失礼にもほどがあるので情と興味の間でかなり迷ったのですが、部屋を出ていこうとした先生に恐る恐る近づいて唯一の質問「こういうのを勉強するにはどうしたらいいんですか?」をしたのでした。この質問自体も近づいた自分を慮って司会の人が例えば~みたいに言ったのをオウム返し的につかったような気もする。なんにしても、その質問に対してなんだかめんどくさそうな態度の先生が答えた「色々方法はあるけど、できる限り早く海外に行って勉強するのが一番だね」といったのが私の心に刻まれたわけです。今思えば、すごーくくだらない流れなんですが、こんなどうしょうもない流れで人生の大事な時期が決まっちゃう子も世の中にはいたのです。確かに元々他の子があまり読まない本を読みふけるちょっと変わった子ではありましたが、その方向性がより先鋭化されてしまったのでした。
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/02/09(金) 07:10:08|
  2. ただの雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。