The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国家も単なる「営利団体」である。

今回は組織という存在について少しシンプル過ぎる思われる点から見た現代というものを書いていきます。

さて、国家という存在は少なくとも原始時代、文明を持たない時点から存在していると考えて問題ないと思います。
現在の発達した国からすれば、それらは単なる「民族の集団」と呼称される存在でも、それが組織的な行動をとる団体であり、その構成員が働く利益によって運営され、固有の文化を持って統率されているのであれば立派な国であると考え、それを管理する一番上の責任を持つ存在を様々な要因を踏まえて「国王」「首長」「長老」といった言葉で呼んだりします。
現代においてこのような小規模組織ととりわけ先進国と呼ばれる巨大国家はその特に大きな影響力の観点等から区別すべき存在として認識するのは一理あるにしても、程度はともあれ人間の作った組織という根本的部分ではたかだか数千年たった程度ではそれほど変化があるものではありません。
これは現代の認識においてはあまりにも乱暴すぎる考えかもしれませんが、人の根本を捉えるというところではかなり重要な視点となってきます。

さて、タイトルにある国は営利団体だ、というのは現代の特に日本ではおおよそ受け入れにくい視点だと思います。
しかし、先ほど述べたように人が暮らすためには「利益」が必要であり、これらの組織を運営するための利益が結局のところ他から享受しており、その享受先がなければ成り立たず、いかにその享受を維持し続けるかということを思考しなければ組織が成り立たないということを考えますと、他の営利組織となにが違うのか?という根幹的な疑問に突き当たります。

ちょっと品のない言い方ですが、「国家とヤクザは同業他社」という言い方があります。
これは国家の成り立ちとして、その支配する範囲における人々の生活の安全を保障する代わりに、彼らが出す利益の一部を供出するという面があったからです。
そして、その安全を脅かす事態が起こった際にはたとえ命を投げ出してでもその危険に対処することで、利益を享受する理由と、また名誉を同時に受けていました。
国家がヤクザ……もとい暴力団を規制するのは、国家の持つ暴力機構と暴力団の持つ暴力機構が支配領域で重複してしまうと利益を得られない、というのが問題として発生するという一面があります。
特に国家の支配が及びにくい地域においては暴力団がその役割を担い、またその地域にあった安全保障を担っていたのが国家の力が及んできて排除された結果同じような安全保障を受けられなくなる、という事態も起こりえます。
しかし、寄らば大樹、といいますか、基本的には国家による支配に統一するほうがより安全である可能性は高いのですが、大型化した組織では細かい安全保障の"サービス(この言い方自体もちょっと不適切かもしれませんが)"が行き届かない、ということもあるので、地域住民にとってどちらがいいかの評価が分かれることもままあります。

話が若干それましたが、このような「自警」を行う国家は特に一次大戦~二次大戦を経るにしたがって「福祉」という面を大型化/強調するように変化していきます。ですが、それは重要だと考えられたために肥大化した「自警」によりむしろ多くの人の命を奪った、という現実を突きつけられ、さらに経済の認識の発展が進むことで暴力以外で利益を生み出した人々へ還元することが国家として重要だという思考が広まったに過ぎない、ということです。
元々、国家はその構成員の働きや成果に応じて、自身に享受された利益の一部を多く還元することでより効率的な利益収入を得るという考えは古代よりあり、単にそれが様々な経験を得た結果広く多くの人にも適用されるように肥大化してきたとも言えます。
なので、「福祉」とは「がんばった人への賞与やがんばるには難しい人を手助けするボトムアップ」と言い換えてもよく、それをきちんと保証できるかによって、国家に所属しつつもよりよい働きへ進めていこうという意欲を導けると考えられ、実際、それはよく機能している面もあるのですが、利益の循環をきちんと計画立てて維持していかないと何かの事件をきっかけに破綻する可能性も内包すると指摘されていたりします。

では、実際問題として国家が構成員に対してどれだけ効率的な自身の利益の還元を行えるのか?といいますと、成り立ちと長い歴史の中で積み重ねてきたことを考えれば、ちょっと難しい面があるかもしれない、というのが実情だと思われます。
単に自警国家としての歴史が長すぎる、ということだけではなく、より根本的なところとして、そのような機能を担ってきたのは国家以上に「宗教」が役割として担っていたからです。
宗教は国家と似て影響のある範囲の構成員からの利益を得つつ、その利益の一部を自警以上にボトムアップ的な使い方をすることで国家よりも人を集めることに成功した組織形態です。
国家と宗教ではそのサービスの一部が重複するため、協力もできるかもしれませんが反目する点が大きいというのもその組織形態に原因があります。
国家と宗教は分離すべきだという考え方も、この反目を可能な限り避けるほうがよいだろうという合理的な判断に基づきます。
ですが、だから国家が宗教的なボトムアップを担えるようになるかという話とは全くの別ではないかというのが冷酷にも思えますが、実態でもあり、また宗教にも大いに問題はあるにせよ、それがどのように国家と共存してきたかについては改めて見つめなおして考えるほうがすっきりしてよいのではないかと思えてきます。

国家はその構成員を助けるために働いている、というのは事実です。
ですが、その本質が非営利であるという根拠はどこにもありませんし、巨大な国家組織の中で利益を直接得るために働く人が多くなく、またそれを現代で目の当たりにするのが難しくなってきているからこそ起きる一種の勘違いのようなものではないかと思われます。
あくまでそういう考え方もあるという程度ですので、これを読んで、自分なりの考えを改めて持っていただけるのであれば、それ以上の喜びはありません。






スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2018/05/17(木) 00:44:07|
  2. ただの雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。