FC2ブログ

The Wizard of Science

人類学のこと、歴史・考古学のこと、航空機のこと、特許のこと、海外の言語や書籍、などなど、たまには横道にそれたりする長文が多めなブログです。

ネアンデルタール人は肉食じゃない?歯石の研究で分かること。

 また、ずいぶんと更新が空いてしまいました。
 すっかり、書くたびにこのことをまず最初に書いているような気がしますが、つい色んなことがあるとこの手のブログは忘れがちになってしまいます。ただ、自分の性格上、始めたら止めることだけはまずないので、適当なときに覗きに来て下さるといつのまにか更新されているかもしれません。


 さて、最近過去のアクセス履歴を眺めていたのですが、大分前に書いたネアンデルタール人の食事という記事なんかは未だにアクセスがあるのが驚きました。
 他にもアクセスワードに「女性 狩猟」とか結構あって、色々と横道にそれながらも、とりあえず人類学の話題を中心に見ている人が多いのだな、という気がします。

 ところが、この人類学の中でも古人類学を扱う進化人類学というのは非常に曲者で、情報がひっくり返るというのが結構日常茶飯事で起きています。
 過去に書いた「ネアンデルタール人は肉食で、現代人はより雑食に近い」という話も、最近の研究ではどうにも疑わなければならない証拠が出てきているようです。
 実際は去年の時点でもネアンデルタール人は植物の調理ができていたかもしれない、という話を紹介したので、さらに今回はその説の補強となります。

 「ネアンデルタール人の医者?歯石の中に含まれた食事、料理、医療用植物の証拠」
 参考:Hardy K., et al, Neanderthal medics? Evidence for food, cooking,
and medicinal plants entrapped in dental calculus, Naturwissenschaften (2012) 99:617–626

丁度先月発表されたこの論文に拠りますと、スペインで発見されたネアンデルタール人の歯石から成分分析を行い、その結果、彼らが日常的に植物を選択して摂取していた可能性が高い、と結論付けております。
 さらに、その植物の選択も彼らの健康を考慮して…つまり薬的な使い方もあったのでは?と考えられるというのですから、単に植物を食べられた、という話より更に高度なものです。
 資料に拠れば生で食べていたものも多いようですが、調理された後のものも確認されているようです。

 歯石は一般にも馴染みのある言葉だと思いますが、食べかすなどが歯の表面に付着して石灰化して固まったものです。その中にはこれまで食事してきた内容物の破片が含まれており、より細かい食事の分析ができるわけです。
 遠い未来の人類学者は今の人類がみんな歯石を取ってしまうと食生活の研究に非常に困難をきたすわけですね。かといっても、基本雑菌の塊でもあり歯の健康にはよろしくないので、歯医者に行くと掃除してもらったほうがよいでしょう。


 実際問題として、この論文でも触れられていますが、ネアンデルタール人の生息域はヨーロッパから中近東までとかなり広い範囲に分布しており、その気候は変化に富んだものです。当然、それだけの気候の変化に適応できた彼らが、大型の哺乳動物の消失と同時に絶滅へ一気に向かうかというと実は怪しい話だったりするわけです。

 気候の変動や食性の変化というのは隕石の衝突ほどではないにせよ、絶滅の原因として候補に上げるのは結構安易なのかもしれません。笹だけを食べているパンダが笹がなくなって死滅するならともかく、肉食動物でも獲物が取れないときは植物を食べて一時的にせよ飢えを凌ぐわけで、ましてや高度な知能と道具を使いこなす現代人と比しても決して劣らなかったネアンデルタール人の絶滅を食性に持ってくるのはちょっとどころではない強引さがあったのかもしれません。

 ただ、じゃあ、なおさらなんで絶滅したのか?という疑問が沸きます。
 絶滅の原因として現代人より劣る何かがあれば話しが早いのですが、出てくる証拠としてはより高度な能力を持っていたというものばかりです。
 ネアンデルタール人の研究は近年とにかく発達が目覚しいのですが、それが謎を解明してくれるどころかますます混迷を深めていくのは以前にも書いたとおりです。

 ただ、どこかで決定的な証拠が出ないとも限らないので、今後も情報が出次第随時報告していきたいと思ってます。










スポンサーサイト

テーマ:進化学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/08/02(木) 23:18:27|
  2. 人類学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イタリアのカードゲーム「スコーパ」 | ホーム | 訃報「古人類学発展の生き証人フィリップ・トービアス氏亡くなる」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pantarasa.blog54.fc2.com/tb.php/152-3fb07948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ジュンジ/Junji      HN: saizwong

Author:ジュンジ/Junji HN: saizwong

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

呟き

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Pixiv